Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-01-24

[] 交流をしてみるべきかもと言うので拍手※を提案したんだけど 18:25  交流をしてみるべきかもと言うので拍手※を提案したんだけど - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin を含むブックマーク はてなブックマーク -  交流をしてみるべきかもと言うので拍手※を提案したんだけど - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin

348 +1:神冷め :sage:2014/01/24(金) 14:02:03.28 ID: Q0caTMhR0 (3)

長いです。数年前の神冷め


一次の漫画描きであった神

絵はお世辞にも上手いとは言えないけれど、そのストーリーは長年温めてきただけあり

ペースを崩さな更新も重なって、神の作品が大好きだった

私が通い始めたころは、web拍手拍手のみでコメント欄はついておらず

メルフォはなく連絡用の神のメルアドが書いてあるのみだったので

その頃の神は、おそらく読者との交流感想を求めてなかったのだと思います


通い始めて数カ月、ある日神はご自身のブログの※欄にて

「やはり交流をしてみるべきかと思った、何かいい案はないだろうか」と募集をしたので

恐れ多くもWeb拍手の※機能を提案したところ、神は私の案を採用して下さって

レスページも新設し、それからは読者とのやりとりが始まった



349:神冷め :sage:2014/01/24(金) 14:03:49.18 ID: Q0caTMhR0 (3)

それからしばらく後、ある一つの感想について神がブログ激怒されていた

感想のものは私等第三者は見ていないが、神のブログ内容とレスから判断すると

おそらくある読者が、漫画を読んでその先を予想したものを送ったらしい

その手のコメントは喜ぶ人もいれば嫌な人もいるかとは思うけれど

コメントを送った人は悪意から送ったものではなかったと思う

神はブログにて、「こういうコメントを送ってきた人がいました。

これって伏線なんじゃないかと言われたが、私は物語にこんな分かりやす伏線なんか入れない

そもそもこういうのはルール違反なんじゃないですかね!?」と荒々しく書かれていた

神よ、大事な作品故許せない気持ちも分かりますが、三十余りのあなたもいい大人なのですから

どうかもう少し、冷静な対応を…と、はらはらしながら成り行きを見守った



350:神冷め :sage:2014/01/24(金) 14:05:20.27 ID: Q0caTMhR0 (3)

コメントを送った読者さんの方はそれ一度きりで見かけなくなったもの

今度は別の読者が「キャラAとキャラBのBLが見たいです」と送ってしまった模様

元々神はちゃんと二次創作は遠慮してほしい、BLは描かないと注意書きに書かれていたので

これはコメを送った読者の方に落ち度があるのですが、神はそれを見てブログ

「(漫画で)私の伝えたかったことは全く伝わってないことが分かった、失望した」と

拍手※もレス撤去されてしまった。そのままストレスから来る病気を発病されて

更新は停止。サイトも縮小。送られてくるコメのうち、嫌なものに目が行きがちになるのは

分かるのですが、私も含め応援コメを送り続けた他多くの読者がなかったことにされていて

とても悲しくなった。そして拍手※を提案したのは自分なので、申し訳なくも思った。

さようなら神。どうかスルースキルも多少は身につけてください。病気の回復をお祈りしま





[] 「あなたが描くから私はもう描かなくてもいいや」 18:25  「あなたが描くから私はもう描かなくてもいいや」 - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin を含むブックマーク はてなブックマーク -  「あなたが描くから私はもう描かなくてもいいや」 - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin

35:感想sage:2014/01/23(木) 23:57:23.57 ID: /1SicZSc0 (1)

ずっと前にイベントで隣だった人が

あなたが描くから私はもう描かなくてもいいや」

って同カプの人に言われて絶句してた

その後泣きそうな顔してイベ早上がり

翌日にはサイトも支部も消えててその後のイベントでも見かけなかった


あれが原因で撤退だったら繊細過ぎと当時は思ってたけど

自分が言われてみて嬉しくなさがわかった

あてつけにしか聞こえない

ツイでも他ジャンルの話ばかりしてる奴が言ってきたから余計胸クソ

ゲスト



トラックバック - http://onlooker.g.hatena.ne.jp/syoboneko/20140124