Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-24

[] コミケで委託したのにのけ者にされた 19:35  コミケで委託したのにのけ者にされた - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin を含むブックマーク はてなブックマーク -  コミケで委託したのにのけ者にされた - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin

298 +1:うへ :sage:2010/08/23(月) 20:44:55 ID: IJA14loA0 (1)

フェイクあり 昨冬の話。


ジャンルのAは中堅、私は最近このジャンルにはまったピコ

昨年の冬コミ初当選。Aは久しぶりに落選。Aとは顔見知り&マイミクという程度。


当落発表直後にAからメル。「(私)ちゃんのところで新刊委託できない?」

Aの作風は割と好きということもあり「いいよ」と返事。「売り子手伝ってあげる」

というので、このジャンルでは知り合いが少ない私はチケをあげるのをOKした。

すぐまたメル。「Bさんも売り子にすることを約束しちゃった。ね、いいでしょ」

Bという人とは面識がない。初対面は苦手なのでもにょったが、仕方なくOKした。


Aはその後会社をやめたり、家を出たりして生活が荒れてるようだった。

新刊発行が危なそうだとか、経済的に苦しいとかっていう長文愚痴メルが

毎日来るようになった。一緒に参加する仲だからと思い、面倒だったけどきちんと

返事を書いて励ました。そのせいかどうかわからないが、極道入稿できたようだった。


冬コミ一週間前。Aはブログ更新。「新刊何とかできました」というタイトル

曰く激動の2ヶ月弱で新刊が危なかったけど、Bさんの励ましで完成できたという内容。

私が励ましたこと関する言及無し。「今回は落選したので委託です」とスペースNo

.だけ書いてあった。この時点で嫌な予感、コミケ参加が急に重苦しく感じられた。


当日。初対面のBはブスッとした怖い感じの人で苦手なタイプ

AはBとだけおしゃべりし、私はほぼ蚊帳の外。Aの本が昼過ぎに完売

「買い物行ってくるね」とA/Bが連れだってスペースから出て行った。

しばらくして戻り、「急用できたから帰らなくちゃいけない」という。

「お疲れ様、またね」と言う間もなく、A/Bが去っていった。

私は一人ぽつん最後まで粘り、売れ残り本を抱えて帰宅


帰宅mixiを見たら、A/Bを含め数人で打ち上げ中という日記発見

「おかげで完売できました~」とあったが私への言及は相変わらず無し。

なぜ私がハブられてるのかよくわからなかった。その後AとBは同じアパート

共同生活を始めたようだ。冬コミではAに利用されただけだったとわかり、うへった。