Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-18

[] いつかきっと、イベントでAさんの本を手にしたいです 17:38  いつかきっと、イベントでAさんの本を手にしたいです - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin を含むブックマーク はてなブックマーク -  いつかきっと、イベントでAさんの本を手にしたいです - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin

626 +1:なごみsage:2010/07/17(土) 23:03:32 ID: zU1nbxw10 (1)

ごみというよりむしろ感動モノだった友人の話。


友人A:超マイナーナマモノイラストサイト持ち。イベは創作で、

帝都のみ参加。通販はやっていない。

長年細々とやっていた友人に、ある日、閲の人からこんな内容のメールが届いた。

「(始めましての挨拶などの後)実は私、中学生のころから通わせてもらってて、

今月で20歳になります。Aさんのことはずっとファンで、本尊のことだけでなく、

色んな良い本や音楽と出会わせてくれたのもAさんでした。私の人生にAさんとの

出会いは無くてはならないものです。私はまだ地方学生ですが、お金を貯めていつか

きっと、イベントでAさんの本を手にしたいです。(要約)」


Aは最近、「解析を見ると6年前からある県からたった一人、定期的にずっとサイト見てくれてる

人がいる。いつかコメントもらえたらいいなってずっと楽しみにしてるんだ。」と言っていた。

まさにBがその人だった。

Bといつか会えたとき、一緒に本尊について語ったり、お酒を飲んだりできたらいいな。と

Aは目を輝かせながら言っている。描くモチベも俄然上がったらしいww


お互いの想いのすごさと、歳月の流れの早さを、しみじみと噛み締める話でした。



627:なごみsage:2010/07/18(日) 10:17:16 ID: hok/b7n60 (1)

>>626

5回読み返してなんとなく把握したけど一応確認させてくれ

「まさにBがその人だった」で、いきなりBという人が登場してるけど

20歳になった閲の人=Bでいいんだよな?w