Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-10

[] 妊娠していなかったのに「それでも私はお腹に宿っていた命が愛しい…」とはこれ如何に 19:40  妊娠していなかったのに「それでも私はお腹に宿っていた命が愛しい…」とはこれ如何に - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin を含むブックマーク はてなブックマーク -  妊娠していなかったのに「それでも私はお腹に宿っていた命が愛しい…」とはこれ如何に - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin

191 名前: 神さめ  Mail: sage 投稿日: 2009/04/10(金) 18:10:02 ID: V9AoRxAO0

大昔の神さめだがこの流れで思い出した話


昔昔、民草が携帯サイトを知り始めたころ出会った字神。

当時はエロ流行っていて、大手と言えばエロばかりだった。

神もそんな方々に憧れるエロ字神。

さくっと読める長さと親しみやすい文体と緩急つけたエロ描写に民草はメロメロだった。


しかしそんな神でも少々日記は痛かった。

付き合って○年の彼氏結婚を申し込まれそうになった、慌てて逃げた。

付き合って○年の彼氏エロ小説見られた、お互い興奮してガチュンした。

付き合って○年の彼氏がいるけど浮気相手と旅行行ってくる結婚してもこの関係は続けるわなどなど…。

神も結婚適齢期、将来を意識されてるんだと必死の脳内保管で耐えていた。


しかし神、妊娠したかもしれない…生理が来ない…という日記の後、妊娠していなかったと報告する日記に、

「それでも私はお腹に宿っていた命が愛しい…」はどうでしょう、神…。

妊娠していなかった間にお腹にいると思っていたお子さんを愛しく思っているって神…。

そこにお子さんはいません。宿ってなんかいません。神、ちょっと怖いです…。


その後も別れた彼氏へのポエム上司愚痴、浮気相手への愚痴が頻発するようになり、自然と神殿からも足が遠のいてしまった。

神は結婚子供に憧れてたんだと今では思うが、当時の民草には刺激が強すぎましたorz