Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-26

[] 「私の小説が好きならどんなものでも読めるはず。好きだなんて嘘だ!!」 19:50  「私の小説が好きならどんなものでも読めるはず。好きだなんて嘘だ!!」 - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin を含むブックマーク はてなブックマーク -  「私の小説が好きならどんなものでも読めるはず。好きだなんて嘘だ!!」 - Hatena::Group::onlooker::2ch-Dojin

849 名前: さめ  Mail: sage 投稿日: 2009/03/26(木) 11:33:07 ID: RSfiYz040

ふと思い出した神さめ


二人でサイトを運営されていた字神達。

個人的に苦手なBLも取り扱っていたが、自分が注意していれば遭遇しない仕組みだったので気にしなかった。


ある時、A神から「民草ちゃんはBL読んでないの?感想ないから気になって」とメールが来た。

申し訳ないと思いつつ、「自分BLが苦手で読めない」という内容の返事をした。

するとA神は「私達の小説をこんなに気に入ってくれてるんだから、うちのBL大丈夫!」と

毎日のように「読んだ?」「今回の話は~」というメールをくださるようになった。


毎回毎回メールで謝罪するのは心苦しかったが、まだなんとか耐えられた。

決定打は「民草ちゃんのためだけに書いたよ!」と送られてきたBL小説

民草は他にもたくさんいるのに、なぜ読みたくない人のところに?と心がものすごい勢いで冷えるのを感じた。

「A神の作品は大好きだが、BLだけは本当に無理。もうやめて欲しい」とメールをしたら、

「私の小説が好きならどんなものでも読めるはず。好きだなんて嘘だ!!」とふじこっこ。


B神の教典まで読めなくなるのが辛かったので、メアドだけ変更した。

幸いアク禁になることもなく、B神の儲として日々参拝している。